事業紹介Business introduction

大規模太陽光発電設備の導入について

お客様に「感動」と「満足」を提供します。

プレスリリース

パラダイス西海太陽光発電所の竣工について

西海太陽光発電所 弊社が長崎県西海市西彼町に建設しておりましたメガソーラー発電所『パラダイス西海太陽光発電所』が3月に竣工いたしました。
弊社は全社を挙げて省エネに取り組む中、東日本大震災以降、さらなる環境と社会への貢献として太陽光発電所プロジェクトをスタート。平成25年4月より自社店舗の屋上や駐車場に太陽光発電システムを導入・稼働しております。『パラダイス西海太陽光発電所』は初めて自社施設以外で稼動するもので、本格的に環境ビジネスに取り組む第一歩となります。
弊社は引き続き本プロジェクトにおいて、再生可能エネルギーの普及を目指し、地球環境ならびに社会に貢献していく所存です。

建設地: 長崎県西海市西彼町八木原郷404-1
敷地面積: 約45,000㎡
年間発電量: 約1,300MWh (約350世帯分)

本発電所は年間推定発電量が一般家庭の消費電力約350世帯分になり、長崎県西海市では最大容量です。
今回の西海と、昨年度稼動した筑紫野店、諫早店、神埼店に加え、本年3月の筑紫野店、本年7月神埼店の増設分が稼働すると、設備容量トータルで4.4MWとなり、年間推定発電量は一般家庭の消費する電力の約1,200世帯分となる見込みです。

大規模太陽光発電設備の導入について

当社大型店の店舗屋上や駐車場に太陽光発電システムを平成25年4月2日から稼働いたしました。本事業は、オムロンフィールドエンジニアリング九州(株)をEPC(※1)事業者とした太陽光発電所プロジェクトです。

本プロジェクトにおける太陽光発電システムの設置場所は、P-ZONE 筑紫野店(福岡県筑紫野市)、P-ZONE 諫早店(長崎県諫早市)、P-ZONE 神埼店(佐賀県神埼市)の3店舗で、合計で約1.5MWの発電設備となります。同設備による年間発電量は1,500MWh(一般家庭の約400世帯分に相当)です。 また、発電設備として長期にわたる電力の安定供給を実現するため、オムロングループが提供する太陽光発電見守りサービス(ソラモ二)(※2)を導入し、長期にわたり最大効率を維持した発電事業を目指してまいります。

店舗屋上を発電パネルで覆う事により、室内温度の上昇を抑制し、空調機の消費電力を削減する効果も併せて期待出来ます。 当社はこのたびの発電事業を通じて、太陽光発電による環境ビジネスを実現し、再生可能エネルギーの普及を促進することで地球環境ならびに社会に貢献してまいります。

※1 EPC: Engineering(設計),Procurement(調達)&Construction(建設)の略
※2 24時間365日の太陽光発電システム遠隔監視、保守点検を実施いたします。

P-ZONE筑紫野店


P-ZONE諫早店


神埼太陽光発電所

太陽光発電所プロジェクト概要

1. 設置場所 ・P-ZONE筑紫野店 福岡県筑紫野市
・P-ZONE諫早店 長崎県諫早市
・神埼太陽光発電所 佐賀県神埼市
・西海太陽光発電所 長崎県西海市
2. 発電能力 約2.8MW(2店舗/2施設合計)
3. 発電事業者 株式会社パラダイス
4. EPC事業者 オムロンフィールドエンジニアリング九州株式会社

↑PAGE TOP